« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月02日

茶道具 名古屋 丸栄 龍村美術織物

%E4%B8%B8%E6%A0%84%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B023.03.26%20004.JPG-1.JPG
季節は巡り、旧暦弥生の節句も来週の火曜日になります。

桜と桃の花がちょうど見ごろを迎えそうですね。其のあとの端午の節句の武者人形を

私どもで取り扱っています龍村美術織物さんより入荷しました。

お雛さまと一緒で、売場で対面しますと、あ、一年たったのだなという感慨がありま

す。

「花見酒など、もってのほか」とおっしゃる御仁もお見えのようですが、富士川以西は

桜を見て一献傾け、ぬくもりを持った風に春を感じ、東にとても困って見える方々が

多くいらっしゃることに心を痛め、今できることから1づつはじめ、風評に惑わされず、

これからの長い皆様の復興の道のりを、少なくとも心持だけでも寄り添うことを長きに

わたって続けることが、最低限の役割と思っております。

もちろん無粋な花見酒しかできないお方は、静かにされていたほうがよろしいかと・・

2011年04月04日

茶道具 名古屋 丸栄 今月のすぽっと

%E3%81%99%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%80%80%E6%9E%97%E3%81%BE%E3%81%95%E3%81%BF%E3%81%A423.04.02%20burogu.JPG
昨日、今日と名古屋は春本番を思わせるお日柄です。少し風はまだ冷たいですが・・・

今月は、別府の林まさみつ先生の竹工芸展です。林先生は名古屋の出身で、一度サラリ

ーマンも経験させたのですが、想うところあって竹の世界に大きく転身されました。

今回は特にこのところ、意欲的に制作をさせているバックを中心に展示させていただい

ています。林先生は環境や人間、自然界という問題にも関心をお持ちで作品もそういっ

た点に、多くの配慮がされています。

別府の伝統技法を守りつつ、今、この時に使える身近な作品を出品していただいていま

す。ぜひ、ご覧頂いてご感想などを売場販売員にお伝えいただきましたら光栄です。


続きを読む "茶道具 名古屋 丸栄 今月のすぽっと" »

2011年04月14日

茶道具 名古屋 丸栄 すぽっとのご案内

%E3%81%BE%E3%81%95%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%95%E3%82%93%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8.JPG
東日本大震災発生から一カ月経ちましたが、阪神大震災の時と同じように指定の避難所

に入らず、避難生活を続けて見える方々も多くお見えのようです。どこでも現場は精一

杯、一生懸命活動をされていると思います。ぜひともマスコミ関係者には、出来ていな

いところを指摘するだけではなく、ぜひその対応策を具体的に示して下さい。又、レポ

ートするだけではなく実際に現場で動いて下さい。その位人手が足りないのです。

清水国明さんが被災地に行かれ援助物資に、自分たちのメールアドレスや携帯の番号を

書いて置いてきたところ、「肉が食いたい。」とか「風呂に入りたい。」など中々

マスコミでは上がってこない要望が出てきたということです。取材するほうも取材され

るほうも、お互い意識をしますから本音の部分が出てこないのですね。それが又、スト

レスになって行くのだと思います。海外から称賛の声の挙がっている避難所の方々の

秩序ある対応も、自分を抑え込んで出来ているものだとすればこの後のメンタルのサポ

ートは、大きな問題になってくるでしょう。

そこで、茶道・華道の各お家元に置かれましては、出来るだけ早く現地の状況を見なが

ら立派な組織をお持ちなのですから、それを使って茶道であれば、避難所などでお菓子

と呈茶、華道であれば避難所などに花を生けて回ると云うのは如何でしょうか?

材料道具は、もちろんこちらから持参して下さいね。

家も財産もなくし、長年お茶の稽古をされていた方々に自分のやっていた稽古や茶道と

いうものは、こうも人の心をいやすものだったかと再認識いていただき、今まで茶道と

縁のなかった人たちに、自分たちの生活が落ち着いたら今味わったこのお茶というもの

を、稽古として始めてみようと思う方もいらっしゃると思います。

前ふりが長くなりましたが、今月のすぽっとの話です。この画像の花かごは売場のスタ

ッフが「籠としては変化が少ないのですが、花はとても生けやすく写りもよいように思

います。」と話していた作品です。器とはその様なものではないでしょうか?

2011年04月15日

茶道具 名古屋 丸栄 ネットの問題

%E9%B7%B2%E6%A3%97%E3%81%B6%E3%82%8D%E3%81%9023.040.14.JPG
震災から5週間経ちました。復興に向け確実に歩を進めて入れている部分と、そうでない

部分とあるようですね。これからの計画作成について是非政局にせず、被災者の身にな

って全てを考えることを望みます。

さて画像の棗ですが、寸法が表記していませんので分かりにくいと思いますが、

「鷲棗」と呼ばれる棗です。高さはおおよそ5.5センチ位で鷲づかみ出来るような大きさ

というところからの命名で、扱いも上から鷲掴みします。これをあるお客様からご注文

いただき、在庫が無かったので取り寄せたものがこの棗ですが、実はネット上で所謂、

「尻張棗」を「鷲棗」と紹介しているページがありどうもそのお客様はそのページ作成

者と同じような勘違いをされていたようで、イメージと違うということで取りやめにな

ってしまいました。どの参考書を見てもこの棗が「鷲棗」として載っているので、間違

いはないと思いますが、近頃はネットの信用性がとても高いので私としても特別に気を

つけなければいけないと想う出来事でした。

2011年04月19日

茶道具 名古屋 丸栄 新しい展開

%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C%E7%8E%89%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B023.04.19.JPG
売場にトンボ玉が並びました。

これは以前中近東方面の買い付けをされていた美術商の方より、値打ちに譲っていただ

いたもので、イスラムビーズと呼ばれる種類のものだそうで現在民芸品として作られて

いるものです。これを知り合いの方に頼んでネックレスに仕立てていただきました。

すぽっとのコーナーで毎年展示をお願いしている「長谷川清恵」さんなど日本のガラス

バーナーワークのつくられる作品とは少し違う趣となっています。

ネットなどで見ると骨董品になると何百万円もするものもあるようですが、こちらは

そののような高価な商品ではなく、何千円という衝動買いのできるお値打ち品となって

います。

続きを読む "茶道具 名古屋 丸栄 新しい展開" »

2011年04月20日

アートステージ 平成23年5月の予定

ガラス工芸    シルバーアクセサリー
植原美穂子・長谷川昌之 二人展●4/28~5/4
名古屋市在住のガラス作家 植原美穂子さんとシルバーアクセサリー作家 長谷川昌之さんの新作展です。

萬古陶芸三人展
●5/5~5/11
萬古焼の産地三重県四日市市で現代萬古の創造に挑む三人の陶芸家の新作展です。皆様のご来店、お待ちいたしております。 
出品予定作家
稲垣竜一・木村将人・冬柴文廣

京都長谷川松寿堂京の和紙展
●5/12~5/18
和紙の持つ温かみや風合いは日本人の感性によく合い、人と人のおつきあいを大切にする日本の文化には和紙は欠かせません。本展では京都長谷川松寿堂の取り扱う和紙工芸品の数々を中心に展示販売いたします。


名和ショウ ガラスアート展
●5/19~5/25
陶芸のジャンルからガラス作りを行っている名和ショウ先生は、ガラスを溶かす事により自然の流れを利用した偶然性と必然性を合わせ持った作品作りを行っています。食器や花器といった日常生活に潤いを与える作品を展示販売いたします。


常設展
●5/26~6/1

2011年04月21日

茶道具 名古屋 丸栄 季節の花

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%89%A1%E4%B8%B923.04.21.JPG
まさに三寒四温といった感じの陽気ですが、体調崩されていませんか?

衣類での調節といってもなかなか出先では難しいものがありますね。

画像とは関係ないですが、売場のほうでは今年の新作として麻のミニショールがありま

すが、こういったものを活用されるのも宜しいかと思います。

さて画像の牡丹ですが、毎年恒例の我が家で咲いたものを店頭に生けてもらいました。

(残念ながら私は感性が乏しいので、こういったことは何時もスタッフの皆さんにお願

いしています。)

今年は桜に関して言えば、ここ名古屋は例年に比べて遅かったような気がしますが、

この牡丹に関しては、逆に早いような気がします。いつもは大型連休に咲いていたよう

ですから。人の記憶なんていい加減ですから(特に私は)実はほぼ同じ時期かもしれま

せん。因みに我が家ではまだ幾つかのつぼみがありますから、そのへんが答えかもしれ

ません。

2011年04月27日

茶道具 名古屋 丸栄 広島へ

burogu%20002.JPGburogu.JPG
先日、広島へ出張に行った折、駅で九州新幹線を見ました。画像が小さいですが良く見

ていただくと、行き先が「鹿児島中央」になっているのが見えると思います。

私は鹿児島に行ったことが無いので、なにか旅のロマンとでもいいましょうか、誘われ

るものがあります。

茶道具 名古屋 丸栄 龍村美術織物

tatumura.JPG
今回ご紹介するのは、龍村美術織物さんから提案のあったテーブルクロスです。

2枚店頭にある内の一枚の画像です。さすがに重厚感、まさにゴージャスといった風合い

の逸品といえるでしょう。ぜひこのセレブな感じを店頭で堪能して下さい。

お待ちしてます。

2011年04月30日

茶道具 名古屋丸栄 今月のすぽっと

-1.JPG
今月のすぽっとは、5月ということで風炉の茶道具の特集です。

画像の香合は、乾漆の神輿の形です。滋賀県在住の中川正斎さんの作品で、この方は

長年漆の仕事をされここ最近はこのような色々な形の香合を作られています。

売場のほうでも順次陳列してゆきます。お楽しみに・・・

予定 鼓、琴、琵琶、笹舟等々です。

About 2011年04月

2011年04月にブログ「マルエイ アートクラブ|名古屋丸栄の画廊・美術催しの情報を発信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年03月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35