« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月 アーカイブ

2011年11月03日

茶道具 名古屋丸栄です


暖かい日が続きますが、これも「小春日」の内にはいるのでしょうか?しばらく前にはアメリカ東海岸

で季節外れの雪が降ったとか・・・・異常気象もこれだけ続くと異常ではなくなるかもしれませんね。

今回は以前資本関係にあった「豊橋丸栄」の画像をアップしました。画廊の前が茶道具売り場なので

すが、本日(11/3)より、「勅題・干支茶道具即売会」を開催します。

名古屋と同じように、茶碗・香合・懐紙・色紙・扇子と新春用の茶道具を揃えご来店をお待ちしていま

す。お近くの方どうぞお立ち寄りください。また、青竹商品の受注も始めました。こちらのほうもぜひ

ご利用ください。

クライマックスセカンドステージが始まり、「ラスト落合」の第1章が始まりました。このあとの展開が

楽しみです。

2011年11月04日

茶道具 名古屋 丸栄 新商品のご案内


暖かい?場合によっては日中暑さを感じるほどの日が続いていますが如何お過ごしでしょうか?

昨日の売場の室温は28.9度で、高温維持状態でした。この高温にはウナギの寝床のような売り場の

レイアウトにも原因はあるとは思いますが、それでも・・・・・でした。

先日来、売り場のほうでは画像のような新しい飾り物を展示しております。

創作によって作られた作品ですので、難しい決まりごとは一切ございません。この商品の誕生は

今では市民権を得た状態の「クリスマスリース」の後に掛ける何かかがほしい。ということが始まりの

ようです。生活がいくら西洋化したといえども、やはりどこまで行っても「日本人」ということでしょう

か。

2011年11月08日

茶道具 名古屋丸栄 ご案内


少しずつですが、週末の雨のせいか秋らしくなってきた名古屋の陽気です。

プロ野球の日本シリーズが今週末から始まります。ラスト落合の第二章といったところでしょうか。

これで完結ですが・・・・ホークスはチーム力としてはすごいですね。投打走三拍子そろい欠点らしい

欠点がありませんものね。でも、レギュラーシーズンを無敗で過ごしたわけではもちろん無く完全で

は無いということです。

さて画像はその福岡にほど近い唐津焼の茶碗です。小島直喜さんの作で少しいびつなところが味わ

い深い一碗です。最近このような古作の雰囲気を上手に取り入れた唐津になかなかお目にかかれ

ませんね。(私が知らないだけかもしれませんが・・・)

2011年11月09日

「軸装による日本画展 」 丸栄古美術

恒例になりました「軸装による日本画展」のご案内です。
平成23年11月24日(木)→30日(水)
丸栄古美術・イベントギャラリー 二カ所に於いて,掛軸ばかりの展観です。
季節を彩る様々な作品を、巨匠物からお値打ちな一品まで取り揃えました。
ぜひご来場下さいます様ご案内申し上げます。


%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%B0%8F%E5%9D%A1%E3%80%80%E9%9B%9B.jpg
伊藤小坡  [立雛]

「軸装による日本画展 」 丸栄古美術2

「軸装による日本画展 」 よりお知らせ
写真アルバムによる事前受付を行なっています。
直前に入る作品もある為全てではありませんが、アルバムをご覧頂く事ができます。
ご来店の際は、どうぞお申し付けください。


%E7%A5%9E%E6%B3%89%E3%80%80%E9%B6%B4.jpg
徳岡神泉「双鶴」

2011年11月10日

軸装による日本画展 丸栄古美術3

%E8%8A%B1%E4%B9%83%E8%88%8E%E3%80%80%E7%BE%A9%E5%AE%B6%E3%80%80%E9%9B%81%E3%81%AE%E4%B9%B1.jpg
 花乃舎唯念 「乱雁知伏兵」 桑名の大和絵画家 明治27年歿

義家 雁の乱れから伏兵を知る(後三年の役)
 義家の軍は金沢柵に到着。その時 「一行の斜雁が雲上をわたるあり、雁陣たちまちにやぶれて四方に散り手飛ぶ。義家これを見て、あやしみ驚き兵をして野辺をふましむ」案の定、叢の中から「三十数騎の兵を尋ねえたり。」 危ういところであった。これは先年、義家が関白師通に参上し、安倍貞任の攻撃を報告した時、大宰権師大江匡房(おおえまさふさ)が立ち聞きして「義家はあっぱれ器量の武士だが惜しむらくは合戦の道理を知らぬ者よの」と独り言をいったことから匡房の門をたたき、文の道に励み、多くの漢籍を読破した。義家は中国の古い書物に「兵野に伏す時は雁列を破る」とあったと思い出した。もしもあの匡房に文の道を学ばなかったら武衡の奇襲に遭ってやられていたと述懐したという。

2011年11月15日

茶道具 名古屋 丸栄 松栄堂さんのお香値上がり


本日の画像は、私どもの売場に於いて取り扱いのあるお香の中で、もっとも販売実績のある京都 

松栄堂さんの「堀川」ですが、残念なことに来年一月より大幅に値上げすることが決まりました。

渦巻き、ステック共に約2倍の価格となります。聞くところによりますと主な原材料のインド白檀の高

騰が主な理由だそうですが、愛用されている方々には誠にご迷惑をおかけします。

買い置きをされても品質には影響ないということですので、宜しければそのような防衛策をとられる

のも一つかと・・・・・

続きを読む "茶道具 名古屋 丸栄 松栄堂さんのお香値上がり" »

2011年11月17日

茶道具 名古屋 丸栄 九州新幹線


昨日、毎月の出張で、中国地方に出かけたのですがその際初めて九州新幹線に乗りましたので、こ

この趣旨とは違うかもしれませんが、少しだけ搭乗記なるものをアップさせてください。

まず普通に携帯で広島福山間のひかりを予約しその際N700系となっていたので16両編成の東京行

きと思い込んでいると、ホームの表示は新大阪行き?そういう列車もあるのかなと思いつつも、なお

かつ編成が8両?自分が携帯画面の見方が悪かったのかなと思い、そのまま列車を待ってい

ると、あれあれ九州新幹線車両ではないですか・・・博多・新大阪間ではこのような運用もあるんだぁ

ーと少し得した気分で乗り込むと画像のような落ち着いた室内で、まるでグリーン車みたい・・・と

浮かれ座ってみると座面は従来より少し固めで腰のあたりのサポート感もいい感じで、しかもヘッド

レストは柔らかい。ゆったりと座れてしかも長旅も疲れないのではと思わせるシートでした。

一度ご乗車下さい。いいですよ。

2011年11月23日

茶道具 名古屋 丸栄 新しい試み


昔から言われる、「朝、息が白くなった頃が開炉の時期」という気候になってきました。

先日懇意にして頂いている方からのお誘いで茶事に伺いましたが、心づくしのおもてなしで素敵な

一日を過ごさせていただきました。ご家族総出のおもてなしで最高のぜいたくをさせていただきまし

た。しかし、茶事をするのは大変なことだと思いましたが、この経験を茶事という形に限らず常日頃

のおもてなしの気持ちに繋げてゆきたいと思います。

さて、売場では少し前から画像のような保冷庫を使い黒文字の箸や楊枝の品質保持に使っていま

す。出来るだけ青みのあるものを提供したいという思いからです。ご利用ください。

2011年11月28日

茶道具 名古屋 丸栄 売り場にて


本日11/28は曇り空ながら寒さは一段落といった気候ですが、先週は寒い日が続きました。

先日、知り合いの方から頂いた四季桜(と教えていただいた気がしますが、間違っていたら御免なさ

い)を唐銅の尊式という形の花入にスタッフが生けてくれました。花があると云うのはいいですね。

その場が生命感に満ち満ちてゆくようです。

2011年11月29日

茶道具 名古屋丸栄 まもなく師走です


このところ2,3日暖かく過ごし易い日が続いていますが、明後日の師走からはまた寒さが厳しきなる

ようです。今売場では画像のような短冊を掛けていますが、この絵は「茶筅売り」だそうで、昔は

新年を迎えるにあたり茶筌を新しいものに買い替えると云うことで、このような行商が成り立っていた

のでしょうね。今も新年は新しい茶筌でというお客様は多いですね。そのあたりは生活が西洋化した

からといっても日本人のDNAが、働くのでしょうね。大事のしたいものです。

About 2011年11月

2011年11月にブログ「マルエイ アートクラブ|名古屋丸栄の画廊・美術催しの情報を発信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35