« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月 アーカイブ

2012年06月01日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


「織部平水指」です。少しづつ気温も上がってゆき、このような口の大きな水指が、涼を届けてくれま

す。この水指は、掻き合わせ塗という技法の塗蓋をご用意しています。

この、掻き合わせ塗は、別名目はじきなどとも言いますように、木地の木目がみえる塗りかたです。

平水指のように、蓋の上にお道具を飾ったりする場合はこのように掻き合わせのほうが、仮に

傷がついても目立ちにくいという利点があります。

お問い合わせは 名古屋 丸栄百貨店 8階 茶道具売り場 電話052-264-5387までお気軽に

2012年06月03日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


長江惣吉「銀兔毫盞」をご紹介します。この「銀兔毫盞」は私のような所謂茶道具屋には、なじみの

薄い呼び名です。私どもで申し上げるのでしたら、銀化した「禾目天目茶碗」とでもいうのだと思いま

す。が、焼き物の世界では否、学術的にはこの「銀兎毫盞」が宜しいのだと思います。

名前の由来は、ウサギの毛で作った筆のように細く(因みにウサギの毛で作った筆は高級品だそう

です。)しかも、銀化している、建盞の茶碗。ということですかね。

古い資料で「君台観左右帳記」には、天目より、建盞のほうが格が上であるとの記述があるそうで

す。まぁ、いずれも作者の長江惣吉さんからの受け売りですが・・・・

お客様も口々におっしゃいますが、本当に綺麗ですよ。お近くにお越しの際はぜひ一度お越しくださ

い。

名古屋 丸栄百貨店 8階茶道具売り場 電話 052-264-5387までお気軽にどうぞ。

2012年06月07日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


「籐編鉈籠」です。現在色々な方がこの「鉈籠」を作っていらっしゃいますが、籐で編んであるものは、

少ないような気がします。

お庭の一輪。それだけでお部屋の様子が変わると思います。

写真がもう一つですね。今後頑張ります。直通電話 052-264-5387です。

2012年06月11日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


当地 名古屋は先週末に梅雨入りをいたしました。

ただ、今年は今まで少雨傾向の気がします。

良い加減(イントネーションが難しいですが・・・)に雨も降ってくれるとよいのですが。

売り場は次の水曜日までの間(6/13)部分的ですが、20%引きの売り出しをさせていただいていま

す。画像はその模様です。繰り返しになりますが、一部ということでご容赦ください。

2012年06月17日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


花籠のご紹介です。「舞姫籠」と命名されたこの花籠は、特に昔からあると云う程のものでもなけれ

ば、どなたかのお好みということもなく、きっと日本とか、東アジアでは竹が多いので大衆の中で雑器

として作られた中の一つの進化形でしょうか?どちらにしても、紫陽花の花がよく映っていますよね。

昨日、スタッフの一人が自宅より持参してくれました。個人的には紫陽花の花は花の中でも特にお気

に入りなので、そういう意味でこの季節は決して嫌いではありません。

ここのところ、新聞で見た20年前のリオで行われた国連環境会議での、当時12歳の女の子の演説に

心が奪われています。その彼女もはや、2児の母。想いながらも何もしない自分と照らし、改めて動く

ことの大切さを感じました。

2012年06月25日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


お久しぶりです。台風はどうでしたか?本日は約一週間前の広島出張のお話です。(この場所とは

直接関係ないのですが御免なさい)その台風の日に、広島まで出張に行き、多少雨に降られたもの

の、無事一日を終え広島県の福山駅よりのぞみに乗車。今月末でエキスプレスカードのポイントが

一部消滅すると云うことで、年に数回の楽しみのグリーンへと。台風が気にはなりましたが、途中駅

も、定刻の到着でこれなら何とか名古屋へ帰れると思った新大阪で「出発を見合わせています」との

アナウンス。その時20時38分。

在来線に乗り換えることも考えながら、台風が時速65キロで進んでいるとの案内で、2時間で130キロ

進めば、こちらの新幹線としても運行を開始するだろうと思い待っていたら、24時運休のアナウンス。

別のホームの電車で一夜を明かし、始発の6時00分東京行きの自由席の席取りで並んだ時の電光

掲示板の画像が本日の画像です。

上の回送電車は、5時20分ぐらいに6時間遅れで入線。回送になる前のお客さんも降りてこられまし

た。この後がびっくりしましたが、始発ののぞみ号が入線してもドアがあかないのです。しばらくする

と、ホームの案内で、この始発とその3分後に出発予定の2番電車の車掌さんがいない。って・・・

きっと、先ほど6時間遅れで回送になった電車にきっと乗務していたんでしょう。12分遅れでの出発と

なりました。めったにできない経験でした。でも疲れた。

2012年06月27日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


本日も 林 まさみつさんの作品です。

私たちが扱う時期が、暑い季節なので皆さんも籠は夏のものだとお思いでしょうが、このように色付

けしてあったり、編み方によってはかなり長い季節に使っていただけると思います。

これだけ精緻な編み方をする技術は、おそらく日本だけになったのではないでしょうか?

確か九州新幹線の内装も、竹をモチーフにしていた部分がありましたよね。

林さんの作品の竹は、多くが日本在来種の「真竹」を使われています。

艶があり、肉が薄いのが特徴と聞いています。その様な材料があっての、技術であったり、編み方で

あったりするのでしょう。輸入品が多く出回っていますが、このような内容のある籠も宜しいのではな

いですか。


永田町が賑やかですが、どれほど「憂国の士」がいらっしゃることか・・・・・・・

2012年06月28日

丸栄 茶道具売り場よりみなさまへ

いつもこの拙いブログを読んで下さっていただいている皆様に本日お詫びと訂正があります。

別府の林 まさみつさんとのお付き合いの始まりのご紹介の部分で、事実と異なる記載がありました

ので、この場を使い訂正とお詫びをさせていただきます。

まず、最初に売り場にお越しいただいた方は、林さんの義妹様です。

その義妹様からの要請とありますが、その方は林さんの住所、芳名をお知らせいただいただけで、

私がその芳名より林さんのホームページにアクセスし、画像から作品を拝見し、作品展の依頼となり

ました。従って義妹様からの要請からお付き合いが始まったと云うことはありません。

私の思い違いにより、関係する皆様には、本当に不愉快な思いをさせました。

心からお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

アップしました記事そのものを、削除しようとしましたが現時点では、その方法が分かりませんで

した。今後、その方法が分かりましたら、削除をさせていただきたいと思います。

2012年06月29日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


今日は暑くなりそうですね。表に出てみましたが、朝の8時には暑さを予感させる日差しでした。

そういえば、このところ名古屋に関しては、曇り空が続いてはいましたが雨はあまり降っていません。

このままでは、空梅雨になりかねないです。心配です。逆に九州等ではかなりの降水量を記録してる

地域もあると聞きます。そちらはそちらで心配です。

さて、本日の画像は、6/24の日曜日に犬山市のギャラリーさんへ安藤由紀さんの個展を拝見に行っ

た時のものですが、そのギャラリーさんからお城のほうへ歩いてゆくと、きれいに整備された城下町風

の街並みがあって、多くの観光客の方々が散策されていまして、そのなかにミニFM局があって、そ

のスタジオのもようです。左下がそれですが、なんと戸が開いていまして、放送中ですよ、しかも表の

観光客に空模様を訪ね、それを聞いてそのまま放送って、すごい楽しそうでした。

あちらこちらに出かけない私にとって、犬山にそういう場所があるなんて知らず、とても得した気分の

一日でした。

拝見した安藤由紀さんの夫でいらっしゃる、安洞雅彦さんに9月、アートすぽっとをお願いしました。

こちらもご期待下さい。

About 2012年06月

2012年06月にブログ「マルエイ アートクラブ|名古屋丸栄の画廊・美術催しの情報を発信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年05月です。

次のアーカイブは2012年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35