« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月 アーカイブ

2012年07月02日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


本日の名古屋は、昨日の梅雨空と打って変わって、きれいに晴れ渡っています。

先日、スタッフの一人が持参してくれた紫陽花の画像です。遠慮がちに花一つ一つは小さいのです

が、それらが集まり大きく、それでいて押しつけがましくない。いいですね。


消費税、年金、介護、景気、医療、原発、マスコミも煽り立て過ぎって感じがしませんか?

2012年07月03日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


左口 学先生のカットグラスです。今年はアートすぽっとでお世話になり、先生自身「東海伝統工芸

展」で奨励賞を受賞されたこともあり、今回「夏の特別販売」に協賛して下さったのが、この作品で

す。どちらもセットでの提供になり、また受注後一カ月ほどのお時間をいただきますが、でもお値打ち

です。お問い合わせは052-264-5387 茶道具売り場直通電話までお願いします。

本日の雨で、九州北部では犠牲者や行方不明者が出ていると云うことです。

繰り返される自然災害こそ、なんとかならないですか?

2012年07月07日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


おはようございます。このところ名古屋はすっかり梅雨らしい天候の日々が続いています。

今年は、九州で多くの雨とそれに伴う、災害が起こっているようで、被災された方々には心からお見

舞い申し上げます。画像は、いつものアートすぽっとではなく、隣の「アートステージ」で、その多くの

雨が降っている大分、別府の「林 まさみつ竹工芸展」の全景です。馴染みのある「竹」という素材だ

けに、皆様お手に取っていただき易いのですが、そのあとのリアクションが、「きれい」、「軽い」と、良

い意味でイメージを変えていただいているようで、私どもとしても、その様なところからお話が進み、

あっという間の一日となっています。こちら「アートステージ」の展覧は、7/11までです。

本当に「精緻」という名にふさわしい作品の数々を、ご高覧下さい。お待ちしています。

また、いつもご案内しています「アートすぽっと」では、点数は少なくなりますが、8/1まで引き続き

開催していますので、こちらもどうぞご利用ください。


話は大きく変わりますが、焼き物の町 愛知県瀬戸市、ここでの焼き物を始めた 陶祖 と呼ばれる

方「加藤四郎左衛門景正」を長く顕彰されているのですが、その陶祖をもう一度見つめ直そう、という

講演会が先日瀬戸であり、その模様が瀬戸市制作のページでアップされていますので、そちらのア

ドレスを記しておきますので、宜しかったらご覧ください。

http://www.touso800.jp/forum.html


2012年07月08日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


今日も画像は、林 まさみつさんです。掛け花籠のご紹介ですが、如何ですか?このように玄関先や

廊下の突き当たりに、このような花と花かごがあったら素敵じゃないですか。

ある方が、「お庭の花や、道端の花、ちょっと一輪生けるといいですよ」そのちょっとが、なかなか出

来ないのですが・・・・

2012年07月09日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


本日も梅雨の晴れ間ということになるようです。

連日丸栄アートステージ「林 まさみつ竹工芸展」に多くのお客様に、お越しいただき心よりお礼申し

上げます。

画像の皿ですが、手にとってご覧いただくのが一番よろしいのですが、まず竹の艶、美しさ、そして

手触り、そのすべてが、お手に取っていただいたお客様が異口同音に、「すごい」っておっしゃいます

なにがすごいかと申しますと、予想を超えた軽さ、手触りの滑らかさ、すべては材料の手当てに行き

着きます。寸法に合う材料探しから始まり、丹念に一本一本最後はその材料の端の面取まで行う

ことによってこの皿の「すごい」は生まれます。

ただ私のような素人にすれば気の遠くなるような準備も、作る方々にとっては、ごく自然な当たり前の

こと、というところが、日本の伝統的な文化的仕事を支えていると思います。

2012年07月11日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


お隣のアートステージで開催中の「林 まさみつ竹工芸展」も本日千秋楽を迎えます。

一週間、本当に多くのお客様、お知り合いの方々にご来場頂きましたことを、心より御礼申し上げま

す。作品も皆様から高い評価をいただき、思いを共有できたことも嬉しいことでした。

私の書いているカテゴリーは「アートすぽっと」で、こちらは引き続き「林 まさみつ竹工芸展」を

8/1まで開催させていただきますので、皆様またご来場ください。

さて、本日の画像は、千秋楽となりました「アートステージ」にて出品させていただいていますミニサイ

ズの花籠です。周りの花籠や手前のバッグの大きさから、その小ささが伝わると思いますが、ミニの

花籠の手の部分が、分かりにくくてすみません。しかし、完成度は通常の作品と変わることなく、

もちろん、入れ子に水を入れてお花を生けていただくことも出来ます。

小さくしただけではなく、実用的でもあるところにこの作品の価値があると思います。

2012年07月13日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


引き続き「林 まさみつさん」の作品です。今回ご好評頂きました「竹かごバック」です。

モデルさんが着用しているゆかたも、同じ8階で、販売しております。

2012年07月22日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


昨日まで、出張に行ってきました。

画像は、尾道のJR駅舎を背に撮影したものです。ここ尾道は、JRの駅、国道2号線、そして海まで

200メートルといったところでしょうか?以前「改札を勢いよく飛び出ると、海に落ちちゃう」と表現した

人がいましたが、まさにそんな感じです。しかも、その駅の裏には大林監督の映画で、一躍有名にな

った急斜面の山が迫っています。向こうに見えるのはそのままんま「向島」という名の島で、このよう

にドッグ入りしている船を見ることができます。又、この角度から左のほうへ行ったところで、映画「大

和」という名前でしたか、長淵さんがテーマを歌われた作品の大和艦上のロケが行われました。

以上、尾道の観光案内でした。なんといっても魚がおいしいです。

2012年07月23日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


画像は、昨年から店頭に出させていただいています「スイカの平茶碗」です。

赤と黄色がありますが、今年は黄色のほうが甘みがあって美味しいとか?(冗談です)

少し暑さが弱まりましたが、これが良いことかどうなのか。かなり以前になりますが、冷夏で農作物が

不作で、特に主食のお米の出来が悪く、日本国中大騒ぎになった記憶があります。

やはり、夏は暑く、冬は寒く。物事限度がありますけど・・・・

2012年07月24日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ

本日画像はありませんが、(このところ出張などで売り場に行くことが無いので蓄えがありません)

数日前に、以前よりお願いしていました、龍村さんから「出し袱紗、古袱紗、数寄屋袋などの商品で

所謂レアもの、つまり通常の定番商品ではありませんが、試作、見本で作ってみたものの、商品化に

至らなかった商品などが、幾つか入荷しているようです。

売り場の販売員からも、内容がいいです。との報告を受けています。

今回の商品群は、茶道具の中でも、色々持ち替えて楽しむアイテムですので、この機会にぜひ丸栄

8階茶道具売り場にお立ち寄りください。因みに本来なら、通常価格では出せない商品も、今回通常

価格にて、提供させていただいています。

2012年07月27日

茶道具 名古屋 マルエイアートクラブ


本日の画像は、伊藤賢一郎さんの花籠です。しかもこの個展は以前より関係の深かった、ほの国百

貨店での、つまり他店での開催ですので、少し気が引けるのですが、少しだけお付き合いください。

この花籠つばが、二重になっています。この二重にしたことで優雅な感じがしませんか?

もちろんつばが、緩やかに波を打っているところも大きく影響していると思いますが・・・。

今月のアートすぽっとの林まさみつさんとは、また雰囲気が違いますね。この伊藤さんは、名古屋の

作家さんで既に50年以上の作歴の持ち主です。当たり前のことですが、同じ竹という素材を使っても

作品は多種多様で、そういった意味で作品を造ると云うことは、まだまだ多くの可能性を秘めている

と云うことでしょう。創作活動のない商人としては、いつものことながら羨ましく思えるところです。

About 2012年07月

2012年07月にブログ「マルエイ アートクラブ|名古屋丸栄の画廊・美術催しの情報を発信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年06月です。

次のアーカイブは2012年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35