« 2014年02月 | メイン | 2014年04月 »

2014年03月 アーカイブ

2014年03月05日


おはようございます。御無沙汰をしていました。売り出しも無事終わり、今は、その時ご注文いただい

た商品の手配を順次行っておりますので、ご注文頂いた方々は、今しばらくお持ちください。

本日の画像は、3月前半のスポットをおねがしました、「宮地生成作陶展」の模様です。

ご存知の方も多いかとは思いますが、宮地さんは瀬戸市の東部、赤津という陶業地で代々陶器を作

られています。この方の一番の私の売りは、作りたいと云う欲求からの作品つくりが基本となってい

るところです。売れるからとか今、流行りだとか、そういった視点ではなく、純粋に作りたいものを作

る、だからおもしろい、楽しい、使ってみたくなる。こんな流れの作品です。我が家でも彼の器は毎日

食卓に上がります。それほど使いやすい器ばかりです。どうぞ一度お試しください。

2014年03月08日

遠藤 晃 『風物詩大和絵展』

優美な屏風絵をはじめとする大和絵の制作で活躍中の遠藤先生。
ゆるやかに春めく候にふさわしく、季節の情感が豊かに折りこまれ、私たち日本人の心深く響きわたる新作の数々を発表いたします。
ぜひともご高覧いただけますようご案内申し上げます。

遠藤 晃
《プロフィール》1948年兵庫県生まれ。1971年京都教育大学特、修美術科卒業。京展、関西展、日春展、シェル美術賞展、新制作春季展ほか展覧会出品。全国各地で個展展開多数。師・西山英雄氏。京都市在住。

2014年03月11日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。そして3年がたちましたね。震災から・・・・3年前のこの日発生当時、私は京都

でお客さんと商談中でして、窓ガラスの上部にあるブラインドがやたら揺れているなと、思いましたが

それっきりでした。因みに私どもと一緒に働いていた仲間は、丁度これから帝王切開で出産という時

で手術台に登ったところだったと聞いています。もちろん無事出産しましたが・・・その子も3歳です。

画像は、会期があと一週間余りとなりました宮地先生の作品です。基本的に青織部釉を使っての

作品ですが、伝統的な中にも思いっきり遊び心がある楽しい作品ばかりです。お求めいただいた方

は皆様、楽しそうに持ち帰られました。

2014年03月12日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。本日の画像は、萩の渋谷泥詩さんの編笠水指です。

なんとも土物らしいゆったりとした姿ですよね。綺麗な白釉が掛り、溜塗の塗蓋が粋な感じですね。

この塗蓋は、黒だと硬い感じになりますね。

こんな誂えの塗蓋が付いて、驚きのプライスです。店頭にてお確かめください。

少し春めいてきました。明日は早くも雨の予報が出ています。

我が家のインフル嵐も間もなく終わりを告げそうです。

2014年03月14日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。春の嵐ですかね。

本日も宮地生成さんの作品です。上絵付けの湯のみです。何の絵なんでしょう。見方によって何にで

も見えてしまいます。しかも底にも、まるでいたずら書きのようで、実は画面をとても意識した構図に

なっています。朝食の後の一杯のお茶をこのような器で頂ければ、その日一日創造的で前向きな日

になりそうです。

2014年03月20日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。本日の画像は、龍村美術織物の五月人形です。商品名としては武者人形とな

るのですが・・・・・

消費税増税前で、売り場もなんとなく落ち着きません。特に忙しいわけではないのですが、その日が

来るのを待っていると云う状態で、4月1日になってしまえばどうってことはないと思うのですが。

今日は私の学区の小学校の卒業式です。在校生は本日より4連休。お昼ごはんを考えないと・・・

2014年03月21日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。

春の嵐のような一日になりそうです。お気を付け下さい。古来より「暑さ寒さも彼岸まで」の言い伝え

通り、明日明後日辺りから暖かくなるそうです。

画像は、昨日より変わりました、すぽっとの天野悦子さんの作品の一つです。

これは、箸置きなのですが、一つ一つがこのような手前どもで言えば硫酸紙のような紙で包装されて

いて、まるでゼリー菓子か、飴をくるんであるような錯覚に陥りそうです。

とにかくかわいらしいの一言です。価格も本当にお手頃です。

パート・ド・ベールというガラスの制作技法を使ってみえるのですが、最終的には窯、炉で加熱します

がその前までの作業は、常温で行えるのが特長だそうです。きっと小さなお子様をお持ちなので、そ

のあたりの配慮からかなって、勝手に思っています。

2014年03月28日

佐々木真弓 ステンドグラス展 ―光の天使―

%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E7%9C%9F%E5%BC%93MapleLeaf%20%EF%BC%B3.jpg

やわらかな色彩を光に変え、人々が包み込む優しさを放つステンドグラス。気鋭のガラス工芸作家・佐々木真弓が編み出す独特の光の世界。当廊初の開催が実現いたしましたステンドグラス作品展、どうぞお愉しみくださいませ。


佐々木真弓
【受賞歴】京都芸術祭(2000年市長賞、2002年国際交流総合展賞、2004年毎日新聞社賞、2005年KBS京都賞、2009年コミュニティー賞)2012年第39回国際公募連展 厚生労働大臣賞
【所属】日本ステンドグラス協会理事総務局長、京都芸術祭美術部門副実行委員長、アメリカステンドグラスランプ作家協会、アトリエエンジェル主催
【現在】全国でステンドグラス展開催多数。京都市在住。


● 会期/平成26年3月20日(木)→3月26日(水) 
    ※最終日は午後4時終了

● 会場/ギャラリーエスパス(8階)

◎ お問合せ TEL /052 -264-6189 ( 直通 )

長谷川喜久 『墨彩展』

%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E5%96%9C%E4%B9%85%E3%80%8C%E6%98%8E%E3%81%91%E3%82%86%E3%81%8F%E9%87%8C%E3%80%8D%E5%B0%8F.jpg


このたび長谷川喜久先生の墨彩展を開催いたします。長年、水墨画を研究され、墨を収集され、今回墨彩の作品約20点を花と風景で発表いたします。ぜひともご高覧賜りますようご案内申し上げます。


長谷川喜久
《画歴》
1964年岐阜県に生まれる
1988年金沢美術工芸大学大学院修了、東丘社入会
1999年日展特選(同‘01)
2004年日展審査員(同‘09)
現在日展会員、日春会会員、東丘社委員


● 会期/平成26年3月27日(木)→4月2日(水) 
    ※最終日は午後4時終了

● 会場/ギャラリーエスパス(8階)

◎ お問合せ TEL /052 -264-6189 ( 直通 )

About 2014年03月

2014年03月にブログ「マルエイ アートクラブ|名古屋丸栄の画廊・美術催しの情報を発信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年02月です。

次のアーカイブは2014年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35