« 2014年09月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月 アーカイブ

2014年10月01日

茶道具 名古屋 丸栄


龍村美術織物さんの毎年恒例の「干支マスコット・干支木目込み」来年の干支ひつじです。

可愛いと思いませんか?元々羊は可愛いイメージがありましたが、近年外国のテレビドラマで、「羊

のショーン」?でしたっけ、人間を食ったような楽しい番組もあり、可愛らしさのほかに、コミカルなイメ

ージも私には出来つつあります。

今日から10月、今年もあと3カ月です。朝晩の気温差が大きいようです。ご自愛ください。

2014年10月03日

茶道具 名古屋 丸栄


来年の干支の色紙です。未年は何かと御縁があります。暗いニュースが多いと思ったら、そのほうが

視聴率が稼げるのですね、きっと。いつの間にか報道番組を見なくなってしまいました。

2014年10月13日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。ご無沙汰です。画像は、常滑 甚秋陶苑 伊藤成二さんの急須です。

明後日、15日まで、アートすぽっとにて展示即売中です。手前の朱泥の急須、美しい豊かな丸い形

をしています。焼き物は立体構造物なので、やはり形の美しさは大きな構成要件だと思います。

又、機能性を追及することもとても大事なことだと思います。両立するのか、バランスをどう取るの

か。この話はまたいずれ。台風が上陸、直撃しそうです。伊勢湾台風のような最悪なコースではなさ

そうですが、十二分にお気を付け下さい。

2014年10月16日

日本画秋美展 ―特集 棟方志功― ◇◇ギャラリーエスパス◇◇

二十世紀の日本美術を代表する世界的巨匠・棟方志功。版画を「板画」と称し一貫して制作した木版作品を中心に展観致します。ぜひともご高覧いただけますようご案内申し上げます。

%E6%A3%9F%E6%96%B9%E5%BF%97%E5%8A%9F%EF%BC%B3s.jpg
立太子の柵/5

この作品は、聖徳太子を主題にその徳を頌した板絵巻全二十五図の一図です。このシリーズでは、古来から描かれている鎮座する太子像ではなく、太子が人間的に生きる様々な姿態を描いています。祈る太子をはじめ考える太子、憤然と怒る太子や思考に迷走する太子など、生きる上での内面の言葉の表現を孕んでいます。それが粘りのある強い線彫りで刻まれ、棟方芸術の独特な形式感覚を生じさせています。ぜひともご高覧いただき、あらためて棟方志功の世界をご体感くださいませ。


● 会期/平成26年10月16日(木)→10月22日(水)
    ※最終日は午後4時終了

● 会場/ギャラリーエスパス(8階)

◎ お問合せ TEL /052 -264-6189 ( 直通 )

―巡奏― 山崎有美 日本画展 ◇◇ギャラリーエスパス◇◇

%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E6%9C%89%E7%BE%8E%EF%BC%96%EF%BC%B3s.jpg
光輪/6

%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E6%9C%89%E7%BE%8E%EF%BC%B3s.jpg
光源/SM

愛知県立芸術大学大学院を修了後、院展で活躍中の若手女流画家・山崎有美先生の当廊初個展を開催致します。「光」という普遍のテーマをはじめ幻想的で繊細な筆致から生を受けた瑞々しい作品20余点をご高覧いただきます。


山崎有美

1982年 名古屋市生まれ
2005年 愛知県立芸術大学日本画専攻卒業
2007年 愛知県立芸術大学大学院日本画専攻修了

第62回春の院展初入選(同63回・66回・67回)
再興第92回院展初入選(同96回・98回・99回)    
[師]松村公嗣
[現在]日本美術院院友、NHK文化センター岐阜講師、朝日カルチャーセンター講師、個展・グループ展出品多数


● 会期/平成26年10月23日(木)→10月29日(水)
    ※最終日は午後4時終了
    ※期間中は先生が在廊の予定です。どうぞお気軽にご歓談くださいませ。

● 会場/ギャラリーエスパス(8階)

◎ お問合せ TEL /052 -264-6189 ( 直通 )

茶道具 名古屋 丸栄

%E4%BA%80%E5%B2%A1%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%8026.10.17.JPG
本日より、常滑の亀岡素三さんの展示に変わりました。昨日までの伊藤さんとは同級生だそうで、私

と最初にお目にかかった時も、お二人一緒にでした。しかし、作風は本当に違いますね。

この亀岡さんは、正に亀岡さんだけが作りだす作品たちです。

画像の急須は、新シリーズ 四季の急須です。蓋の上の柄が四季の花になっています。

話は変わりますが、先日買ったお米から今年の新米になりましたが、美味しいですね。

ついつい食べ過ぎちゃいます。

2014年10月18日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。

例によって昨日、広島方面の出張の時、呉駅前での画像をアップしました。

トラックの後ろ、良くあるデコレーショントラックですが、右に 原水爆禁止 左に原爆ドームの絵で

す。広島だからと言ってしまえばそれまでですが、70年前の事を風化させないためには、このような

形もありかなって思いました。よく言われることですが、無関心でいることが一番問題で、それぞれの

立場で、身近なことを思いめぐらしてみたいですね。

2014年10月20日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。常滑 亀岡素三さんの茄子のポットです。

こういったモチーフの扱いは、右に出る方はいないのではないかと思うぐらい壺にはまっていると思

います。好みはあるでしょうが、個性という点ではワールドを構築されています。

先日のブログでお話が途中になっていました、機能性云々ということですが、どこまで行っても私見

でありますが、機能性を追求すれば、行き着く先は「美」ということになると思います。

古い友人に元海上自衛隊員がいまして、彼曰く、「護衛艦の後ろが艦に対し垂直なのは、スピードを

出すためで、あの形状はそれ以外の無いものでもない」と話していました。

確かに、護衛艦は輸送艦を護衛するためだけに、つまりその機能性だけに検討製造された艦船で

す。もうお分かりですよね。軍艦始め、戦闘用のそれらがみな美しく多くのファンいると云うことは、

そういうことです。

そういった意味で、今日の亀岡さんのポットはその対極に堂々と存在しているのであります。

しかしながら、蓋の形状、特にヘタの部分は指を置きやすく、機能性に富んでいることも付け加えさ

せていただきます。

2014年10月23日

茶道具 名古屋 丸栄


今日も亀岡さんの作品です。今年の新作だと思います。水玉の部分は、所謂、象嵌という方法です。

亀岡さんは、何とは無しに 可愛らしさを感じてしまうのは私だけでしょうか・・・・・

2014年10月31日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。ご無沙汰しております。本日の画像は、只今開催中の20%引きのお知らせで

す。11/5までの期間限定で、且つ、お香を除く壁面の商品、つまりは季節商品や少し金額の張る商

品限定とさせていただいています。残り5日間となりました。

電車に乗ることが多いのですが、降りる方がいらっしゃるのに我先に乗る方や、電車が停まってから

おもむろに立ち上がり、乗られる方をかき分けて降りる方、少しだけ相手のことを考える気持ちのゆ

とりを作りませんか?

About 2014年10月

2014年10月にブログ「マルエイ アートクラブ|名古屋丸栄の画廊・美術催しの情報を発信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年09月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35