« 2016年05月 | メイン | 2016年10月 »

2016年09月 アーカイブ

2016年09月19日

茶道具 名古屋 丸栄


御無沙汰です。ほぼ4カ月ぶりのアップです。

今日はいつものように、アートすぽっとのご紹介です。

毎年この9月に展覧会を開催している 安洞雅彦さんが、今年は織部の香合100点

で企画を立てました。

ご存知の様に、香合の様に手のひらサイズの大きさの作品は、手間と技術が最も必要と

言われています。

ましてや、香合等は、手前共の様な茶道具屋にしてみれば、講釈が多くて、作り手として

はうんざりするような仕事の筆頭に挙げられる分野です。

若い作家さんでは、そのあたりを計算してか、香合らしきものを発表されても

作品名を「陶筥」等として、こちらに講釈を言わせない方が多い中、今回も彼は

そのあたりを十分に意識して果敢に発表して下さいました。

10月5日までの展覧です。是非一度お立ち寄りください。

2016年09月20日

茶道具 丸栄 名古屋


おはようございます。台風が近づいています。どうも18時頃名古屋に一番近づくようです

ね。お気を付け下さい。

さて、本日は昨日の安洞さんの香合に関連した話題と画像です。

実は安洞さんが香合展を企画するにあたって、何しろ作品自体が小さいのでどのように陳

列するかと言う話になり、敷物を考えましょうと言うことになり、丁度売場では龍村美術

織物さんも直接お付き合いがありますので、企画の話しをしましたところ、「一緒にやりま

しょう」と話は進み、古袱紗を別枠でお借りする事になったのですが、画像の桐箱入りの

古袱紗も一緒に届き併せて陳列をという次第です。

この古袱紗、茶道の三千家の家元と、各美術館の協力で出来上がったプレミアムな

古袱紗です。この話の続きは次回に以降に。

2016年09月23日

茶道具 名古屋 丸栄


おはようございます。本日は龍村さんから戻って、今月の主役の安洞さんの香合をご覧く

ださい。此の香合は古田織部が薮内剣仲(薮内流初代)に、自らの袂から此の香合を差し

だし、進呈したと言う話が残っています。その話から「袂香合」との名があります。

この手の香合にしては珍しく4つ足が附いています。その様なところもご覧下さい

About 2016年09月

2016年09月にブログ「マルエイ アートクラブ|名古屋丸栄の画廊・美術催しの情報を発信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年05月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35